節約しないでやりくり上手になる!

家計が苦しい!今更、生活レベルを下げるのは無理!!お得に楽しく生きるための日々の記録です。

突然の災害!常備しておきたい防災グッズ

      2016/12/20

災害は突如として訪れるもの。災害に遭遇してから慌ててもどうしようもありません。災害に遭っても、生命を守り、不安の解消に役立つ、そんな防災グッズを日頃から用意しておきましょう。

「ラジオ」
災害時に不安をあおることのひとつに、情報が得られないということがあげられます。ライフラインはとまってしまい、携帯もつながらない…。そんなときに役立つのが「ラジオ」です。電池で稼働するものもいいですが、最近では、自家発電で稼働するタイプもあります。適切な情報を得るためにも、絶対に常備しておきたいアイテムですね。

「懐中電灯」
やはり明かりは必須です。暗闇の中をやたらに動き回ると思わぬ怪我を招くこともあります。懐中電灯は取り出しやすい場所に常備して、何かあったらすぐに手にとれるようにしましょう。

「防災用品避難セット」
最低限の食料や水、緊急時に対応できる救急キットなどが揃ったセットです。中身は自分で考えていれるのもいいですが、「防災用品避難セット」として販売されているものもあるのでそれを活用してもいいでしょう。できれば、一家にひとつではなく、一人にひとつが望ましいですね。

「飲料水の備蓄」
飲料水を備蓄する際は一人当たり15リットルが望ましいとされています。1.5リットルのペットボトルなら10本ぶんですね。家族全員の備蓄飲料水となるとかなりの量になってしまいます。しかし、ものは考えよう。ミネラルウォーターを購入しているご家庭では、そのいつも飲んでいる水を備蓄飲料水と考えればいいのです。注文した順に消費していき、必要な数に足りなくなったら注文する。この繰り返しで、備蓄飲料水は確保できます。

備えあれば憂いなし。防災準備に必要なものはこれ以外にもたくさんあります。自分に必要なもの、家族のために必要なものを選別して、もしものときのために備えておきましょう。

 - やりくり上手になる方法 , , ,