節約しないでやりくり上手になる!

家計が苦しい!今更、生活レベルを下げるのは無理!!お得に楽しく生きるための日々の記録です。

冬に電気代を節約するコツとは?

      2016/12/19

冬に最も電気を消費する物といえば暖房器具ですね。ファンヒーターや電気ストーブ、エアコンなど、夏よりも冬のほうが電気代が高いという家庭も多いようです。さて、これらの暖房器具のうち、実際に効率の良い物、悪い物は一体どれでしょうか。一般的なイメージでは、ストーブが一番電気代が安く、エアコンは高い。と思われているようですが実はこれ、全くの逆ですね。

ストーブの火

エアコンは電気の力で直接空気を暖めているわけではなく、「ヒートポンプ」という仕組みを使って外の冷たい空気を利用し熱を得ています。この方式はエネルギー効率がとても高く、電気の力で直接熱を発し、空気を暖める電気ストーブよりも実に倍以上節電効果があるとされています。

ただし、一つだけ注意点もあります。それは、エアコンはこまめなON・OFFには向かないということ。エアコンは電源を入れた直後に限り、冷たい部屋を一気に暖めるため消費電力が高くなります。ですから、部屋を長時間一定の温度に保つのには向きますが、細かく短時間だけ暖めるのにはあまり向かないんですね。

最近は原発停止の流れもあり、これまで以上に節電が求められています。

電気料金は今後も引き上げられる公算が高いですし、ピーク時には計画停電が起きる可能性もあります。節電を工夫することはお金の節約だけでなく、安定した生活を続けることにも繋がりますから、一人ひとりがしっかりと節電に関する知識を持つ必要がありますね。

 - 毎月の電気料と節電対策 , ,